【最新】あのメンタリストDaiGoが監修する話題の恋愛婚活マッチングサービスWith♫

夫の浮気相手を調べる方法

夫の浮気を怪しんで腕組みする妻

「明らかに自分のものではない女性の持ち物が見つかった」「浮気現場を目撃した友人がいた」…など。夫の浮気がほぼ確実と判明すればすぐにでも問い詰めたくなるのが女性の心理です。でも、裏切られた怒りや悲しみはよく分かりますが、やみくもに問い詰めてもきっと夫は非を認めないでしょう。

論より証拠。一度冷静になりましょう。

慰謝料の請求などのため、夫の浮気相手を特定したいのであれば浮気を責める前にするべきことがあります。それは浮気相手が誰なのかを特定すること。浮気がバレたと分かれば、浮気相手は証拠を消して姿をくらませるかもしれません。夫の浮気相手を調べる方法について考察してみましょう。

夫のSNSから目星をつける

フェイスブックとツイッターのアイコン

必ずしも当てはまるケースではありませんが、フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどで夫とつながりのある女性の中から、浮気相手の目星を付けることができます。探す際は、夫がフォローをしている女性の一覧の中から、または夫をフォローしている女性の中から、可能性のある女性を詮索することができます。フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどは足あと機能などアナタが探した痕跡が残るシステムはありませんのでリスクもなく、当てを付ける情報が手に入る場合があります。

夫の携帯を調べる

夫の携帯を調べる妻

浮気をしている夫からすれば、当然証拠の詰まった携帯を見られたくはありません。そのため携帯を盗み見ることは難しいかもしれませんが、可能であればかなり有用な方法です。通話履歴やメール、LINEを見ればやり取りの多い相手はすぐに見つかるはず。浮気相手らしき人物とのやり取りが見つかったら証拠として写真に残しておきましょう。

しかし夫が本当に浮気をしている場合、そもそも携帯を盗み見られる状態にしておくこと自体が怪しいと言えます。浮気をごまかすために浮気相手の名前を男性名や店の名前で登録しておくこともあるようです。一見怪しくない名前であってもやり取りが多い記録は控えておきましょう。

車にボイスレコーダーを仕込む

ボイスレコーダー

車は人目に触れることが少ないため、浮気でよく使われる交通手段。夫が浮気相手を車に乗せているのであれば有力な証拠を得られるでしょう。盗聴するのはさすがに問題なのでは?という疑問もあるかもしれません。たしかにカバンなど夫個人の持ち物に仕込むのは問題ですが、車は夫婦の共有財産とみなされるためこの方法が問題になることはないでしょう。ただし裁判で争うことになった場合の証拠としてはやや弱いというデメリットがあります。

探偵・興信所に依頼するという手も


一部成功報酬の低価格! 浮気調査はFUJIリサーチ

大々的に宣伝されることは少ないですが、浮気調査を行っている探偵・興信所が存在することはご存知でしょうか?多少の費用はかかりますが、プロの調査は素人では見つけられない極めて有用な証拠を見つけられる可能性があります。今後慰謝料請求など法的に争うつもりがあるのであれば検討してみるのも良いのではないでしょうか。

浮気調査を依頼するにあたっては、浮気相手に関する情報がまったくわかっていないケース、名前は特定できるていても、住所やその他の素性はわかっていないケース、名前や連絡先、住所や所在などまでわかっているケースなど様々ありますが、状況によってかかる費用の相場も変わってきます。

浮気相手を調べるためにやってはいけないこと

手を交錯させてダメ!を強調する女性

激情して相手を問い詰めること

怒りの感情だけでやみくもに相手を問い詰めても、相手も感情的になり問題がさらに炎上するだけです。相手が素直に非を認めて謝罪してくるタイプならまだしも、あまりにやり過ぎるとアナタの行動を逆手にとって法的な手段や弁護士を立てて争ってくることまで考えられます。まずは用意周到に証拠をおさえてこちらが有利になる状態まで感情を抑えることが大切です。

ストーカー行為と受け取られかねない行為

浮気相手の素性を知りたいあまりに、付け回したり、住居に踏み込むなどの行為はストーカー行為として訴えられてしまう可能性があるだけでなく刑事問題に発展する可能性もあります。浮気調査は常に法律のグレーゾーンを詮索しながら慎重に行われなければならないため、もし相手を特定し素性を挙げたい場合には、浮気探偵のプロに依頼をするなどしてリスクを負わないよう配慮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です