夫の浮気が原因で離婚寸前!あなたならどうする?

離婚用紙と壊れたハート

“夫の浮気が発覚してしまった”。問いただすと夫は浮気を認め、さらにその浮気相手とは遊びではなく本気で付き合っていると激白。アナタとの離婚も真剣に考えているとのこと…。もしもそんな状況に立たされたとき、アナタならどうしますか?もちろん、妻であるアナタの心情としては浮気した夫を許せないと思うはずです。裏切られた側からすれば当然と言えるでしょう。でも、結婚している夫婦と単に付き合っているカップルは違います。離婚をすることになれば、お互いこれからの生活が大きく変わることは間違いありません。子供がいればなおさらです。

夫が自分の浮気を理由に離婚を申し出てきたとき、これを回避する方法について考えてみましょう。

離婚は簡単にできるものではない?

離婚の申し出を拒否する妻のイメージ

まず、はじめに考えておきたいことは、“離婚は夫婦のどちらかが離婚したいからと言って簡単に成立するものではない”ということです。離婚が成立するのはお互いの同意がある場合、もしくは婚姻を継続できないと言えるだけの理由がある場合に限ります。「婚姻を継続できないと言えるだけの理由」には浮気などの不貞行為も含まれますが、今回の場合は浮気をしているのは夫であり、あなたに非はありません。そのため夫が離婚を申し出たとしても、あなたがそれを受け入れる必要はありません。

サインをせず、冷静に話し合う

話し合いをする夫婦

まずは話し合いを長引かせてみるのも一つの手段です。基本的に妻であるアナタ側が同意をしなければ離婚はできません。夫に離婚届を持ち出されることもあるかもしれませんが、サインしてしまうと離婚に同意したとみなされるため、アナタ自身がサインに応じるかどうかが一つのポイントになります。まずは冷静に話し合いをして、本当にこれから別々の道を歩むのがふさわしい未来なのかを話し合うべきです。暴言や暴力に頼るのも禁止です。大ゲンカに発展してしまうと客観的に婚姻を継続できないと判断される可能性があるため、あくまで冷静に対処しましょう。

話し合いを長引かせるのは相手に冷静さを取り戻させる効果もあります。恋は盲目という言葉があるように、夫は浮気相手に夢中になるあまりとにかく離婚することしか考えていない状態かもしれません。

離婚後のお互いの厳しい現実を突きつける

経済力と書かれた紙

慰謝料や養育費、周囲へどう説明するか、財産の分与はどうするかなど現実的な問題について話し合えば、冷静さを取り戻して離婚を考え直す可能性も十分に考えられます。男性は浮気の勢いのまま、目の前の現実に冷静さをかいている可能性があります。妻であるアナタから経済的な面、生活面においての厳しい現実を突きつけてみることも相手の考えをくつがえすために必要な努力かもしれません。

■まずは無料相談から。大手だから安心して相談できる、浮気調査・不倫調査のココロアル探偵社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です