夫が浮気(不倫)しているかも!?自分でできる浮気調査の方法

夫と面と向かって対話する妻

最近、夫の様子がおかしいと感じているアナタ。”女の勘は鋭い”は鋭いとは言いますが、何かイヤな予感があるのならその予感は大方当たっているのかもしれません。…とはいえ、もし仮にそうだと思って問い詰めてみたところで、夫が正直に認めるとは到底思えません。「何を言ってるんだ!いい加減なことを言うな!」…そんな風に怒鳴られて、気まずい空気になってしまうのがオチでしょう。夫に不倫を問い詰めるのであれば、まずは疑ってもおかしくないくらいの根拠をそろえなくてはいけません。浮気調査等を頼む前に、まずは自分でできる浮気調査の方法について考えてみましょう。

残業・休日出勤と給与をチェック

夫の給与明細

男性が不倫相手に会っていた時間をどうごまかすか考えたとき、一番、都合よく使えるのが残業や休日出勤をしていたという言い逃れです。つまり、夫の残業・休日出勤が急に増えたようであれば不倫をしている可能性が高いと考えられます。

妻のアナタが夫の会社での様子を調べることは難しいはず。でも、妻でも残業・休日出勤を調べるために使えるものがあります。それは夫の給与。一般的に残業・休日出勤が増えれば、これに伴って各種手当が給与に加算されます。給与明細がチェックできる場合は残業時間や休日出勤回数が記載されていることもあるため、可能であればこちらにも目を通してみましょう。夫が説明する残業・休日出勤と実際の残業・休日出勤に矛盾があるようであれば不倫を疑うには十分な根拠と言えます。

車に残る浮気の痕跡をチェック

助手席に座った妻の風景

人の目に触れにくい車は不倫をするときにピッタリな交通手段。でも、車内は狭く、掃除をしにくい場所になりますので不倫の痕跡が残りやすいと言えます。特にチェックしたいのが車内のニオイです。女性はヘアコロンや香水などを使っているケースが多いので助手席に座っていたりすると香りが残っているケースがあります。また、椅子の隙間やフロアマットの裏を調べてみれば、自分のものではない女性の髪の毛や見たことのないアクセサリが落ちているかもしれません。

もちろん、男性も不倫が発覚することを恐れて念入りに掃除しているかもしれません。ですが、それでもごまかせないのが走行距離。家と会社の往復距離では考えられないほど急激に増えているようであれば不倫の可能性があります。そんなときは「ずいぶんメーターが増えているけどどこに行っていたの?」と訊ねてみましょう。一度でも言い訳に矛盾が生じたら、あとは芋づる式にボロが出てくるはずです。

夫の着ていた衣類をチェック

キスマークの付いたYシャツを見つけた妻

夫の浮気が疑われている期間、着ていた服はできるだけ洗う前に調べてみましょう。

調べる際のポイント

・香水の残り香、いつもと違う匂いがあるか⇒特に襟元やYシャツ
・口紅や女性用の化粧品と思われる付着物の痕跡を探る⇒特に襟元やYシャツ
・下着やシャツの裾に白く乾いた体液のような付着物の痕跡を探る⇒下着・パンツ類

見つけた場合には写真に収めるか、保管できる場合は物的証拠として丁重に保管ができれば理想的です。後々、離婚裁判で使える場合があります。探偵事務所等に依頼している最中の場合には速やかに発見の報告を入れましょう。

夫の留守中にごみ箱をチェック

夫の部屋のごみ箱を漁る妻

ふとしたタイミングで夫の書斎や個人的な部屋のごみ箱を確認してみると思わぬ物的証拠が得られる可能性があります。夫が怪しい行動を取っていた数日間だけでもかまいません。いつ、どこで、誰と何名で会っていたのか?浮気相手と行く可能性のあるお店の名前や日時の特徴など。領収証やクレジットカードの明細など行動パターンを探ることのできるかもしれません。ラブホテルに出入りしていたレシートやプレゼントの痕跡が得られれば完全なる証拠として後々活用できることもあります。

彼氏の浮気は占いで分かる?

ポイント

実際に裁判になった際に有効な証拠となるほどのものは個人レベルで用意するのはかなり難しいです。なぜなら、素人であるアナタが尾行をして浮気相手との浮気の現場をカメラに収めるといった行動を取ることは技術不足でリスクが伴うためです。本格的な調査が必要な場合は専門の業者に調査を依頼するなどして、安全に事を進めましょう。

会話の中でさりげなく勘繰りをいれてみる

喫茶しながら会話する夫婦

昔から女の勘は鋭いと言われるように、旦那は浮気しているかもしれないと妻が思った場合、実際に浮気をしている可能性は非常に高いです。もちろん勘だけでは浮気を責められるだけの十分な根拠があるとは言えません。

また、浮気をしている男性は細心の注意を払って対策をしています。そう簡単に証拠を見つけることはできないでしょう。浮気を見破るためにはこちらからアクションを仕掛ける必要があります。会話の中でさりげなくカマをかける方法について考えてみましょう。

「これ何?」と疑ってみる

アクセサリなど、自分で用意した女性の持ち物を見せながらこう問いかけましょう。もし旦那が浮気をしているなら、これだけでかなりの動揺を誘えます。動揺するだけでなく「どこにあった?」など質問を投げかけてくる場合はかなり怪しい反応だと考えて問題ありません。

なぜこの質問で動揺すると怪しいと言えるのか。それは浮気をしていないのであればただ一言「知らない」とだけ答えれば済む話だからです。「自分のものなんじゃないか?」のように、自然な答えが返ってくる場合は本当に浮気をしているのか考えなおした方が良いでしょう。

単刀直入に「あなたの携帯を見ちゃった」

旦那が本当に浮気をしていた場合、携帯を見られたことに対する不快感よりも浮気が発覚する恐れの方が大きいため、「何を見た?」というようにどんな情報が漏れたかをすぐに探ろうとします。情報を探ろうと必死になっていればいるほど怪しいと言えるでしょう。

浮気をしていない場合はどのような反応になるでしょうか。この場合は見られたものには興味を持たず、「人の携帯を見るのはいけないことだ」というような一般的な話に終始するはずです。このセリフを投げかけることは浮気を見破るために効果的な方法ではありますが、相手の機嫌を損ねてしまうのがデメリット。相手の反応を確かめた後はすぐに冗談だったことを伝えて許してもらいましょう。

■浮気調査に強い横浜の探偵事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です