付き合っているはずの彼氏がつめたい…。あなたのことをどう思っている?

彼氏の冷たい態度に腕組みして背中を向ける彼女

以前よりもデートや電話の回数が減ってしまった……。彼氏の態度が冷たいと感じれば「もしかすると気持ちが冷めてしまったのでは?」と考えるのも無理はありません。しかし、実は彼氏が冷たい態度をとるのは「気持ちが冷めたからではない」場合の方が多いのです。事実、マイナビが実施した「彼女に冷たくするのは、気持ちが冷めたから?」というアンケートでは回答者の半分以上が「いいえ」と答えています。

なぜ、気持ちが冷めていないにもかかわらず男性が女性に冷たくしてしまうのか? 彼女であるあなたはどうするべきなのか?考察してみましょう。

気持ちが冷めていないのに態度は冷たい理由

【理由1】がっつきすぎると嫌われるかもしれないと思っているから

これは付き合いたての男性に多いパターンです。彼氏の性格を思い出してみてください。細やかな気遣いができるなど、常に紳士的な態度で接してくれていませんか? 冷たい態度はそんな彼氏の優しさが裏目に出てしまっている状態。過去に付き合っていた女性にがっつきすぎて嫌われてしまった、というトラウマを抱えていることもあります。あなたができるのは彼氏の考えや性格を深く理解すること。彼氏が奥手な場合はあなたの方から歩み寄る姿勢も必要かもしれません。

【理由2】付き合い始めた当時の激しい感情が落ち着いたから

どんなに情熱的な恋愛でも、時間が経つと気持ちは少しずつ落ち着いていくものです。もしかするとあなたは単に気持ちが落ち着いた状態を冷たいと感じているだけかもしれません。周囲の友人に彼氏の態度について相談してみましょう。「そんなのよくあることだよ」といった答えが返ってくるなら、あなたの勘違いである可能性が高いです。

【理由3】あなたの態度が冷たくなったから

最初に冷たい態度になったのは彼氏ではなく、あなたの方かもしれません。今の関係に慣れ、無意識のうちにとっている態度が彼氏に冷たさを感じさせている場合もあります。冷たい態度をとる彼女に対しては彼も積極的な態度はとりにくいはず。もし自分に思いあたる態度があれば、彼氏に「自分が冷たい態度をとっているように感じるか?」と素直に聞いてみましょう。

【理由4】彼氏に構いすぎているから

いくら好きな女性でも、毎日のように電話やメールを強要されてしまうと煩わしく感じるものです。束縛しすぎると彼氏の気持ちは冷めてしまいます。あまりに彼氏の生活に干渉しているようであれば、その行動を少し控えた方がいいかもしれません。

【理由5】仕事や勉強が忙しいから

彼氏はあなた一人のものではありません。仕事や勉強、その他の人間関係について何かひっかかることがあり、そうした気持ちがあなたといる時の態度に表れているだけかもしれません。そんな彼氏に対し、あなたがするべきなのは心の支えとなること。ただ悩みを聞いてあげるだけでも心の疲れは癒されるものです。

冷たい態度の彼氏にやってはいけないこと

胸ぐらをつかんで彼氏を問い詰める彼女

彼氏が冷たい態度だからとって、すぐに怒ったり問い詰めたりしてはいけません。やむを得ない理由があるにもかかわらず強く責められると「この人は自分を理解してくれない」と感じてしまいます。その結果、本当に気持ちが冷めて別れてしまう可能性があります。

まとめ

彼氏の態度が冷たいからといって、必ずしも気持ちが冷めたとは限りません。まずは冷静に原因を考え、どうしても原因が分からないようであれば彼氏と真剣に話し合いましょう。困難を乗り越え、お互いの理解が深まれば愛情もこれまで以上に深まるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です