元彼との復縁が上手くいくLINEテクニックとは?

LINEで復縁を試みようとする元カノイメージ

元彼と喧嘩別れをして、連絡先も全て削除してしまった…。LINEのIDしか分からない…。どうにかLINEをうまく利用して、元彼と復縁したい…。

最近では、相手の電話番号を知らない、電話番号は知っているけど、やりとりはほぼLINEのみというカップルが増えています。別れた元カレとよりを戻したいと願うなら、このLINEでのやり取りを攻略することが復縁への近道になります。

気になる婚活。まずはあなたの自己分析から!

LINEは気軽に利用できるからこそ慎重に

別れた原因がどんな理由にしろ、相手と二度と関わり会いたくないと思わない限り、LINEのIDをわざわざブロックされることはまずありません。手軽に連絡が取れるからと言って安易にLINEの再送を積み重ねるのではなく、心理をついて策を練って慎重に利用することで元カレの気を引くことができるようになります。

慎重にLINEを利用して復縁に繋げるテクニックの例です。

プロフィールの画像を変更する

プロフィールに自分の画像を使用している人が多いですが、元彼と別れた際には自分以外の画像に変更してみましょう。その際、タイムラインの通知がされてしまうので、元彼に通知がいかないように設定をするのがポイントです。

ふと気付いたときに画像が変更していることによって、元彼は元カノのことを思い出します。そして、その際、画像が変更されているのにタイムラインが確認できないことに気づくと、どんどん相手が気になってしまうものです。気にさせることは、恋愛のテクニックとして有効なので、上手く活用するとミステリアスな女性を演じることができるようになります。

「元気?」「ひさしぶり!」などのメッセージは送らない

気軽に利用できるLINEは、チャット形式で簡単な言葉だけでやり取りされることが多いです。だからと言って別れているのに、「元気?」「ひさしぶり!」などの言葉だけを送って元彼から返事を待つことだけは絶対に止めましょう

自分から連絡してきたのに、相手に喋らせようとするメッセージは印象が悪くなってしまいます。メッセージを送る際には、元彼が返信しやすく、興味を引く内容を短めの文章で送るようにしましょう。

通話機能を有効的に使う

LINEには無料で通話ができる通話機能があります。しかし、疎遠の関係になり連絡を取らない期間が長くなるほど、いきなり通話をかけるという行為には抵抗が生じるものです。

ワンコール程度LINEをかけてみる

そこであえて、このLINEの通話機能を使ってワン切り程度に電話をかけて見ましょう。その後、すぐに「ごめんね、間違えて電話かけちゃってたみたい」と偶然を装ってメッセージを送ります。間違えてかけてしまったという理由であれば、相手も嫌でなければ普通に返答ができる内容なので連絡が来る可能性は高いと言えます。

あくまでLINEで復縁を迫るのは止めましょう

元彼と復縁を強く望んでいたとしても、LINEを利用して復縁を迫るのは止めておきましょう。LINEは誰でも気軽に利用ができて、メッセージを交わすことのできる便利なアプリではありますが、自分の本音を語るには軽いイメージが定着しているためです。

もちろんLINEを利用したテクニックできっかけを作ることは可能ですが、大切なポイントは相手によりを戻したいと思わせること。この便利なLINEを利用して、元彼と復縁ができるようにテクニックを駆使し、勇気を出してメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

20の質問に答えるだけで婚活偏差値が計れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です